【ネット通販大好きたろさんです】

興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大
TOP PAGE > 興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大

興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大

興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大手や中小にこだわらず、地域を頭の隅に置いて、ネット検索すれば会社の数は限定されます。さらにクチコミや規模などで選定し、直接電話で依頼したい旨を伝えてみましょう。いくら悩んだところで実際に話してみなければ、探偵社の雰囲気すらわからないですからね。配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自力で不倫の証拠を押さえることは、至難の業です。しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしてもうまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。



これは浮気しているなと気づいたら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。お金はかかるものの、二人で一緒に写っている写真や動画といった、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。ふつうの金銭感覚でいうと、探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、高いように思う人が多いようです。

ただ、安さで依頼したところで不倫の決定的証拠が得られなかったら、お金をドブに捨てるようなものです。



最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、高値設定のところほど、優秀で良い探偵社であるかというと、難しいところです。

浮気の裏付けがSNSで発覚することもあります。
SNSは名前を伏せて利用している事もあるのでパートナーも無意識のうちに、プライベートを事細かに書いてしまう事が珍しい事ではありません。時には、浮気を証明してしまうような内容をネットに書き綴っている人もいるのです。

相手のアカウントに気づいているのならチェックしてみて下さい。



これから探偵を雇うつもりでいたら、だいたいの相場を理解していないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。1時間1万円からと見積もっておくと妥当だと思います。行動調査の時間を増やせば、費用はかさむので、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。費用を節約して浮気調査をするには、できる限り事前に自分で調査を済ましておくようにしましょう。

難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。パートナーの行動を毎日記録するようにすれば立派な調査なのです。

毎日、仕事に出掛けた時間、帰ってくる時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。子供のいる親が離婚する時は、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると親権が得にくいという話が蔓延しているようです。



一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。

親権というのは原則的に、生活を共にしているかどうかや子供を育てることに協力的だったかどうかといった点を見ていきます。要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかを最も重要なことと考えているようです。食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには飲食時の同席者の人数が記載されている可能性があるので、浮気と特定する材料となります。
ほかに、クレジットカードで決済した時はしっかり月ごとに見るようにします。

仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、誰かほかの人と一緒にいた想像されてしまう事があります。
探偵に頼んで浮気の証拠を掴む事が可能です。


相手が浮気をしているのではないかと思った場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。
でも、浮気の証拠を自分だけで手に入れるとなると、配偶者に発見されてしまう可能性はあるでしょう。理由としては単純で、あなたの顔が相手に認識されているのからです。


浮気がばれると、慰謝料の支払いが発生することもあります。


浮気の証拠を提示されてしまえば、やっていた方は明らかに分が悪いです。

その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、50万くらいから何百万円までと千差万別です。


自分に払える額でなさそうだったら、支払いの分割化や金額変更を交渉することもできます。

ただいまの時刻








ネット通販が大好きな、たろさんは毎夜毎夜スマホでポチポチしております。今日もアマゾンの箱が届く、宅急便のお兄ちゃんにどう思われているかが不安ですが、辞められない止まらない

Copyright (C) 2014 ネット通販大好き!お買物記録とたろさんの私生活覗き見ブログ All Rights Reserved.

ページの先頭へ